トップページ
 
コネティさんの独り言「ブログ版」


コネティさんの独り言「エッセイ版」はこちら
(本ページで紹介商品のお問い合せは東京店まで)

アマニ油 9月20日2020掲示   東京店 修正 削除 RES
799.jpg ハートフォード東京店がまだ目黒にあったころからの常連さんA氏からメールがありました。当社のM60アーミーキットの木製グリップをアマニ油で仕上げたところとてもきれいに仕上がったとのこと。使ったアマニ油の写真とともに送ってきてくれました。以前掲示したアマニ油もまだ残っていましたが同じアマニ油を購入のうえ試してみました。使用前と使用後の写真を掲示したので参考にしてください。このアマニ油、「イオン」のプライベートブランドでイオン系列のピーコックストア(恵比寿)で手に入れました。税込み807円。写真はアマニ油使用前の白木状態のグリップ。

Re:アマニ油 9月20日2020掲示   東京店 修正 削除
800.jpg アマニ油使用後です。比較しやすいよう同じアングルで撮ってみました。少量を指につけてまんべんなく塗布する方法や毛羽立ちのない布に含ませて塗布します。劇的に変わるでしょ?
指につけて塗布する場合は出過ぎでこぼさないように注意。ドジな私は思いっきりこぼしました。(泣)



骨まで食べれる焼き魚 9月6日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
797.jpg 新型コロナの影響で外食を控え自宅での夕食が多いです。(ラーメンは食べてないの?というツッコミは入れないように。)奥様から部屋で食べなさいと渡されるメニュー、大体が丼物で中華丼、牛丼、親子丼、そぼろ丼などのレンジでチンのレトルト。それらと一緒にシュリンクパックされた焼き魚も。実はこれが結構おいしくて真あじ、ほっけ、さんま、かますなど種類も豊富。一人暮らしの食卓に並ぶべくもない焼き魚ですがこれだったらレンジで30秒ほどチンすれば本格的な焼き魚が楽しめます。そのうえ骨まで食べれるのですから、元来無精者の私にはピッタリ。アマゾンでも買えるそうですがネットで「マルコーフーズ 骨まで食べれる焼き魚」で検索してみてください。そしてぜひ食べてみてください。


二十六年式拳銃 9月5日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
796.jpg 近々再販予定の二十六年式拳銃モデルガンです。約3年ぶりの再販です。再販されるバリエーションはブルーブラックモデル、エイジドモデル、ノーマルモデルを3種類を予定しています。ブルーブラック仕上げ、エイジドモデルには木製グリップを今回標準装備としました。価格、発売予定など決定次第この項で掲示します。ご期待ください。
左;エイジドモデル 中;ブルーブラックモデル 右:ノーマルモデル



コルトM1860アーミー・キット3 9月5日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
793.jpg 木工をお願いしている会社からキットに使用するグリップサンプルが届きました。当初はキットという性格上、グリップも半完成品で予定していましたがお客様の作業負担を考えて研磨済の完成品(表面処理は未仕上げ)をセットすることに。写真がそのものとなります。組み立てたグリップをそのまま取りつけていただいても結構ですし、オイル仕上げ、塗装仕上げでもお好みの表面処理をしていただくことができます。オイル仕上げの場合は以前この項で紹介しました「アマニ油」でも、万一何もない場合は「サラダオイル」もお使いいただけます。


破れたジーンズ 9月5日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
791.jpg 以前にこの項で同じタイトルで掲示したことがあります。当時は自分で修理する方法を掲示しましたが今回は修理をお願いするショップの紹介です。ある若い人にジーンズの破れを指摘したら「これはファッションでありアートでもあります。」と言い切られてしまった。多少破れてる位ならまぁそうは言えるけど膝小僧が飛び出していたり下着が見えるような大穴はこの歳になると受け付けられませんね。最近は破れたらもっぱら修理。いつも名古屋のお店で修理お願いしています。

Re:破れたジーンズ 9月5日2020 掲示   東京店 修正 削除
792.jpg 修理お願いするのは名古屋の大須商店街にある「ゴーフィット」というお店。
以下が住所です。
店名;ゴーフィット
住所;名古屋市中区大須3-37-12 ナチュラルビル202号 
TEL: 052-242-7881
営業時間: 11:00〜20:00 
定休日: 毎週水曜日
写真は修理してもらった箇所です。価格は800円でした。(安い!)



コルトM1860アーミー・キット2 9月5日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
790.jpg 中旬を目指して上記モデルガンのキットをリリースすべく樹脂、ダイキャスト、木製グリップ、ねじ、ピンなど、各パーツの作業準備が進行しています。先日は工場から荷姿はこんなスタイルで如何ですか?と確認の写真が送られてきました。一つの製品が皆さんのお手元に届く過程では数々の社内ディスカッションを経たうえで発売に至ります。
(写真の各パーツは試作品です。そのため荷姿も含め変更される場合もあります。)



ブルーイング 9月4日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
788.jpg 8月にブルーイング練習用にどうぞとデリンジャー・フレームの掲示をしました。今回は当社ブルー液でそのフレームをブルーイングしてみました。当社が使用する樹脂2210Bは金属粉が混入したナイロン材。そのため金属同様に研磨後ブルー液に反応、ブルーイング処理が可能です。染まりやすく発色がよいこともこの樹脂の特徴です。写真はブルー処理後のフレームです。金属のように輝いて右のブルー液のボトルが映り込んでいるのが分かります。ぜひ挑戦してみてください。


やっと 9月4日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
787.jpg 昨年早くから再生産の情報を流していながら発売に至らなかった「二十六年式拳銃」モデルガンがやっと予定が具体的になりそうです。東京店では再販のタイミングにあわせ「軍用ランヤード」を制作するべく道具や素材の入ったボックスを探すのに先週は一苦労でした。写真はオプションの木製グリップと東京店で作ったばかりのランヤードです。二十六年式拳銃モデルガン発売はおそらく10月になると思います。詳細が決まり次第この項でもご紹介します。ご期待を。


エイジド・エキストリーム 9月2日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
785.jpg 前項で掲示したスタールリボルバー・エイジドエキストリームには思わぬ反響がありました。東京店オリジナルカスタム次期アイテムに当然の如く選ぶのは「コルトSAA45」決算準備で忙しい中、少しづつ深く静かに進行中。グリップフレーム部の処理は終わったところで「ちょっとだけよ。」(古い)と掲示します。
こちらもご期待ください。



コルトM1860アーミー・キット1 9月2日2020 掲示   東京店 修正 削除 RES
779.jpg 今月中旬リリース予定の上記モデルガンキットの情報です。
キットでありながら以下のポイントは抑えています。
*木製グリップ標準装備(ウォールナット製)
*彫刻入りシリンダー(完成品同様に刻印)
*真鍮製トリガーガード(メッキでなく素材から真鍮で鋳造)
*真鍮製フロントサイト(ロストワックス製)
初のキット化です。ご期待ください。
写真は専門誌掲載の当社広告から抜粋。





管理者(N) 管理者(D)
CGI Script by CGI WEB